高断熱の自然素材の家

断熱性を高める家づくりに必要なことは、断熱材とサッシに良い物を選び、熱伝導率の低い木材を使って家を建てる事だと思います。
我が家は、断熱材はセルロースファイバーを使い、サッシはLOW-Eペアガラス、木材は天然杉と檜を使って建てました。大手ハウスメーカーで建てた実家は、高断熱を謳っていますが、我が家と比べると、夏は蒸し暑く、冬はひんやり感じます。特に冬は、床暖房のない部屋や廊下はとても寒く、冷たい感じがします。
我が家には床暖房はありませんが、無垢の杉のフローリングは、冬場でも暖かいです。廊下が特別寒いわけでもなく、家全体が一定の温度を保っていて、快適に過ごしています。断熱材にセルロースファーバーを使った事、熱の出入りが多い窓にLOW−Eペアガラスを使った事、そして、熱伝導率の低い杉を使った事で、断熱性の高い家になったのだと実感しています。
それから、我が家は壁材に珪藻土を使っていますが、珪藻土は調湿作用だけでなく断熱効果もあるそうです。断熱性の高い家を望むのであれば、自然素材を使うことお薦めします。