購入のときは諸費用を考えて

新しい家は人生で一番高い買い物。当然ミスすわけには行きません。できるだけお得にできるだけ良い家を買いたいものです。

家の代金は主に土地と建物…と思いがちですが、実は馬鹿にならないのが諸費用です。不動産屋さんに支払う手数料をはじめ、不動産を自分のものにするために不可欠な登記という手続きのために専門家(司法書士さん)に支払う費用や、各種税金などがかなり大きな割合を占めてきます。予算を例えば6000万円としたときに、6000万円の家を探すのでは予算オーバーになってしまうというわけなのです。

これらの諸費用はわかりにくいため、なかなか最初は考えが回らないものですが、不動産屋さんに会うときに諸費用込みでの予算を伝えるようにしましょう。信用できる不動産屋さんならば、だいたいいくらの家を探せばよいのかを教えてくれます。その額を参考にして、家探しのホームページなどで検索するのが良いです。

家探しは大変ですが、一生ものの家は幸せの基盤です。良い家に出会えるとよいですね!