家を建てる時に悩む断熱性

家を建てるとなって悩んだのは、断熱性を高める家にすることでした。
建築基準法には断熱性については特別規定がないのです。
どの程度の断熱性を持った家にするかは全て自分達次第となります。
長く快適に暮らすために、断熱性が高い事は重要です。
断熱性が高ければ、冷暖房によるエネルギー消費が抑えられるからです。
断熱材も色々とありますし、単純に断熱材を厚くすれば快適というわけではないのが難しいところです。
熱の逃げ道になるような隙間などがあると、そこからどんどん熱が出入りしてしまいます。
家全体で熱の逃げ道をなくすことが大切です。
しかし、住宅メーカーのカタログでは分かりづらいです。
多くのメーカーで、高気密、高断熱とあっても仕組みが同じではないので、詳しく調べて納得して選びたいものです。
過ごしやすい季節には、窓を開けて自然の風を取り込める、真夏や寒い冬には開口部を閉じて家の中の温度を快適に保てるようにするのが理想です。
住宅を買う時には、メーカーの営業からは一見魅力的なことばかり言われるものですから、ちゃんと客観視できる断熱性能を表す数値である、Q値、熱損出係数とC値、隙間相当面積での比較をした方が良いと言えます。