エコに優れた断熱性の高い家

我が家の新築は断熱性に優れていることが売りです。
壁に片側だけでなく、内側外側の両方から断熱材をはっています。
それにより両方から断熱できるので、室内の温度が変わりにくくなります。

断熱だけでなく気密性も大事で、気密性の数値が低いと家の中の空気がすきまからどんどん逃げていってしまいます。
そのためエアコンをまわしても常に稼働していないと寒かったり暑かったりと時間がたつにつれて変わっていくため、電気代もかかります。
気密性がた高いと空気が逃げにくいため、一度エアコンを使って室内温度を変えれば停止してもしばらく温度は変わらず、エコな家となります。

断熱、機密性は家にとっては大切な項目なひとつで、
特に熱しやすく冷めやすい鉄骨の家は気にしてほしい機能のようです。

夏、冬の光熱費がかなり浮いたので、その分貯金や旅行代に使っています。
間取りやデザインだけに目がいきがちですが、家としての機能もかなり重要視したい点だと感じます。