一戸建ては断熱性能を高める施工が行われる事が多い

断熱性を高める為の家作りは、主に一戸建て住宅が対象になります。そのタイプの住宅は、冬の室内気温は低くなる事が多いからです。
一戸建て住宅に居住するようになった方々は、たまにその気温の低さで驚いています。今まではマンションに住んでいたものの、冬の時期の一戸建て住宅は非常に寒いので、驚いたなどの声はたまに聞きますね。
なぜ一戸建ては寒いかと申しますと、そもそも木造が多いからです。マンションなどの場合は全般的にコンクリートで作られているのですが、それは蓄熱性が高めになっているのです。しかし一戸建ての場合は木造になっていて、熱が逃げやすい傾向があります。
このため断熱性を高める為のリフォームなどは、主に一戸建てが対象になる事が多いのですね。断熱性を高くするために、一戸建てに対して塗料などが塗られるケースなども多々あります。
逆にマンションの場合は、断熱性を高める家作りが実行される事例は、あまり多くありません。元々がコンクリート造りなので、その需要も少ないからです。